自分を責めずに誰かの助けを必要とすること

サイトメニュー

対処法はいろいろある

男性 意欲がわかない時には無理に気持ちを高める必要はありません。それがストレスになってしまうこともあるからです。しかし、長期に渡る場合には困るため、心療内科や精神科を受診し相談してみることをおすすめします。

詳しく見る

物事に関心が持てなくなる

女医 うつ病になると、これまで楽しく感じていた物事に対しても意欲がわかないという状態になり、やがて学校や会社に行かなくなる人もいます。趣味などへの興味が失せて、日常生活が憂鬱に感じる時間が長くなってきたら注意が必要です。

詳しく見る

精神的な病の治療

カウンセリング 心が疲れると身体にも影響を及ぼします。意欲がわかない状態がずっと続くようならば危険信号です。うつ病などの心の病気の場合は治療をしっかり行うことが大切です。また、治療だけではなく身体を休めることも重要になってきます。

詳しく見る

やる気が無くなる

薬を持つ人 いろいろな理由で意欲がわかない場合には、精神科医のカウンセリングを受けて早めに対処することも必要です。薬を処方してもらい休息を取ることで、早く回復することも可能ですから、周りの協力を得て生活を立て直すと良いでしょう。

詳しく見る

見落としがちな症状

女性

アドバイスは具体的に

休日のストレス解消に何をしていても楽しく感じなかったり、仕事にいく前に意欲がわかないなんて症状がある場合には、うつ病を疑ってみることです。意欲がわかない人になってしまうと人間関係に煩わしさを感じるようになりますので、引きこもりになってしまうこともあります。それによって仕事ができなくなり家庭環境では家族とのコミュニケーションまで影響してくるため、トラブルが耐えなくなります。うつ病に対する費用の基本としては健康保険が効いて3割負担になっていますので、月に数回治療に通う場合には数千円から一万円以内が相場になります。もちろん毎回通うわけではないので、症状が回復傾向が出てくると月に1回などの定期的な治療報告だけで済むので費用はそんなにかかりません。心療内科で治療を受けることがベストですので、個人的に時間が解決してくれるという安易な考え方にならないことです。臨床心理士の先生がカウンセリングで生活状況を聞いてくれて、何が原因であるのか家族のサポートはできるのかという具体的な方法をアドバイスしてくれます。評判のいいクリニックだと患者と一緒になって考えてくれることから、安心して相談をすることができますし、意欲も少しずつわいてきます。

うつ病によって意欲がわかない人には様々な種類があり、気分が落ちこむことで抑うつになってしまい考え方に偏りがでてきます。気分が落ちこむことは人によって波が激しいことも珍しいことではありませんが、ずっと続くようだとうつ病を疑ってみることです。不安や焦燥などの状態も考えられますが、こちらはじっとしていられないという身体的な特徴がでてくるのでわかりやすいです。不安が募ってくると将来のことを考えることができなくなりますし、焦燥感から周りにいる人間も心配して仕事が手につかないこともマイナスといえます。その他にも趣味でやっていたことが楽しくなくなったりすると、普段の日常生活にも影響を及ぼすようになります。今まで楽しかったことではカラオケや旅行などの娯楽から、スポーツも楽しくなくなることもしばしば訪れます。その中でも意欲がわかないことは、カウンセリングを受けながら自分が何のために仕事をしているかを見直してみることです。認識として気をつけたいのは意欲がわかないからといってやる気が無いということではなく、自分から表現ができないことも関係しています。やらなくてはいけないではなく、やらなくてもいいという解釈になるには、クリニックでアドバイスを受けることで調整できます。

Copyright© 2019 自分を責めずに誰かの助けを必要とすること All Rights Reserved.